もう少し早く気づけば…成長が遅い我が子は【自閉症】だった

私には小学一年生になった息子がいます。息子は自閉症です。寝返りをするころからその兆候がありました。5・6か月で寝返りしなくてはいけないところを2カ月遅れの7ヵ月ほどでするようになり、声を出して笑ったり、呼んでもこっちを見てくれないことが多く不思議に思っていました。そのころは、健診などで指摘されることなくただ遅いだけなんだろうと思っていましたが、はいはいとつかまり立ちも遅く、結局一人でまともに歩けるようになったのは2歳を超えてからでした。

言葉もまだまだ聞き取れるような言葉ではなく、はっきりといえたのはパパとママだけでした。さすがに不思議に思い始め、旦那に相談したりしていたのですが、遅いだけで病院に行くまでもないと言われ、旦那のお姉さんにも相談したりしましたが、同じことが返ってきたので病院は行かないことにしました。ですが、自分で調べるうちに自閉症という言葉を目にし、息子と当てはまっていることに気付きました。

そのころ息子は三歳になっていて、市の健診があったのでそのことについて相談してみました。すると、見てもらった人たちに大きい病院を紹介され、予約は半年待ちでしたがなんとか受診して自閉症だと診断されました。ようやく気付くことが出来たという安心感と、自分の子供を障がい者として産んでしまったことにすごくショックを受けました。

旦那も受け入れたくなくてケンカばかりしていました。でも、ケンカばかりしているわけにもいかなかったのでなんとか普通の子と同じように育てていこうと決めました。ですが、自閉症と気付くのが少し遅すぎて市の療育センターに入ることが出来ませんでした。なので、隣の市の病院にリハビリに通うことになり、ようやく第一歩目を踏み出せました。

でももう少し早く気付いてあげれればもう少し早く自立できる教育が出来たことに後悔はしています。ですが、毎日の通学などを自分で出来ているところを見ると、すごく成長していて毎日驚きと感動です。ここまで成長してくれてありがたいですが、まだまだ課題もあるので次はそこを直して行けたらいいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする