出産前の体重へ!失敗しない【産後ダイエット方法】

妊娠することで誰もが必ず太ります。

自分のカラダやお腹の中の赤ちゃんを守るために体脂肪を蓄えたりするので太ったって当たり前なんです。

全く太らなかった、なんて人はほとんどいません、いない!と言っても過言ではありません。

妊娠中に太ってしまっても出産後には自然と元に戻る、という人も多いのですが
中には太ったままの人もいますし、妊娠中よりもさらに太ってしまう人もいます。

出産後、妊娠前の体型に戻るまでにかかる期間は人それぞれなのですが、ほとんどの場合は産後半年までに元の体型に戻るという人が多いというデータがあります。

また、産後半年以内に痩せることができなければ、それ以降は痩せにくくなってしまうとも言われています。

自然と元の体型に戻ることができればそれが一番良いのですが、早く元の体型に戻るために産後ダイエットをされる人がほとんどです。

産後ダイエットを成功させるためには、産後半年以内にダイエットを始めるのがオススメです。

ただ、産後のカラダはとてもデリケートです。
決して無理をしないようにカラダと相談しながら産後ダイエットを行うようにしましょう。

実際にママさんたちが行っていた効果のあった産後ダイエットをご紹介します。

産後ダイエット方法「赤ちゃんとお散歩」

ベビーカーで赤ちゃんとお散歩をしていた、というママさんがとても多いようです。

抱っこだと重くなってしまってツライですか、ベビーカーなら楽ですよね。

赤ちゃんに外の世界を見せてあげることもできますし、リラックスしながら歩くことができれば子育て中の良い気分転換にもストレス発散にもなります。

歩くということは有酸素運動になりますから脂肪の燃焼効果を期待することができます。

ツライ運動はしたくないですし、デリケートな産後のカラダに負担をかけたくないですし、お散歩程度の軽い運動なら毎日でも続けられますよね。

産後ダイエット方法「骨盤ベルト・骨盤矯正」

出産後は骨盤が開いた状態なので、骨盤を矯正するために骨盤ベルトを着用していた、というママさんがほとんどです。

産婦人科の医師も出産後の骨盤矯正を推奨しています。

産後3ヶ月までは骨盤が締りやすいとされているので、産後3ヶ月の間に骨盤ベルトによる骨盤矯正を行うと良いと思います。

妊娠前でも骨盤が開いていたり歪んでいるとお腹周りに脂肪が付きやすいですよね。

骨盤ベルトが苦手な場合は、気軽に着用することができる補正下着(ショーツタイプ)などもオススメですよ。

産後ダイエット方法「食生活」

母乳のためにも産後ダイエットのためにも食生活を改善した、というママさんもとても多いようです。

子育てのストレスからドカ食いをしてしまったり、お菓子ばかり食べてしまった経験のあるママさんも多いようなのですが、それでは痩せるどころか太ってしまって、そのことがさらにストレスに追い打ちをかけてしまいかねません。

質と栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

母乳のためにも産後のデリケートなカラダのためにもダイエットのための食事制限はよくありません。

正しい食生活を送り続ければ必ず痩せますし健康にも美容にも良いことばかりです。

お菓子も我慢する必要はありませんよ。
ただ、食べる物や量には気を付けましょう。

産後ダイエット方法「酵素ダイエット」

1日3食のうちの1食を酵素ドリンクに置き換えるというダイエット方法です。

これは置き換えダイエットなのですが、産後のデリケートなカラダの調子が整ってから行うのがオススメです。

産後半年を過ぎても痩せることができなかった時の救世主として利用してみてください。

酵素ドリンクには産後のママさんにも必要な栄養素がたっぷりと含まれているので、健康的に痩せることができるとされています。

食事を酵素ドリンクに置き換えると後でお腹が空いてしまうという人は、無理に置き換える必要はありません。

食事の代わりではなく、お菓子や間食の代わりに酵素ドリンクを取り入れても良いんです。

栄養バランスの良い食生活を送ることができているのであれば、わざわざ酵素ドリンクに置き換えなくても自然と痩せることができているはずです。

それなのに痩せることができないでいる人は、お菓子や間食の食べ過ぎや運動不足が原因でしょう。

お菓子や間食をし過ぎてしまう人は、それを酵素ドリンクに置き換えてみましょう。

運動不足な人は先にもご紹介した通り、赤ちゃんとのお散歩が楽で続けやすいですよ。

産後は無理なダイエットは禁物

産後ダイエットは、産後のデリケートなカラダのことを一番に考えながら行なわなければなりません。

授乳中であれば、赤ちゃんへの影響がないように母乳のことも考えなければなりません。ダイエットしたいのに産後だからなかなかダイエットができるほど体調も安定はしないし赤ちゃんのお世話をしながら家事だってしなくちゃならないし気づけばどんどん時間だけが過ぎて他のママと比べて何だか自分だけ太ってる?
なんてことはよくあることです。

産後ダイエットは、妊娠する以前のダイエットよりもより安全で健康的なダイエット方法を心がけなければなりません。妊娠中は、お腹の中にいる赤ちゃんを守るために脂肪をたっっぷりと蓄えるものです。とくにお腹の周りに多く脂肪がつきます。この脂肪は皮下脂肪なので燃焼しやすい脂肪です。ただ、普通の皮下脂肪と少しだけ違うのが「流動性脂肪」と呼ばれている皮下脂肪で女性ホルモンによる特殊な皮下脂肪なんです。

産後ダイエットは、産後から半年以内に行なうことが効果的なのですが流動性脂肪を燃焼しやすい期間が産後から半年以内だからなんです。産後から半年以上が経過してしまうと流動性脂肪は落ちにくい脂肪へと変化してしまいます。そうするとなかなか落ちない脂肪になってしまってダイエットも困難になります。かと言って、無理なダイエットを行なう必要はありません。

半年以内に元の体型に戻す!という目標ではなくて良いんです。

流動性脂肪が燃焼しやすい半年以内に痩せやすいカラダ作りをするだけでも良いんですよ。

産後のデリケートなカラダの体調が整って、授乳も終わってから本格的なダイエットを始めたときに痩せやすいカラダ作りができていればスムーズにダイエットを行なうことができます。

また、授乳中は消費カロリーも基礎代謝にプラス600kcalくらい増えます。授乳しているだけで痩せたというママが多いのはこれが理由のひとつでもあります。産後ダイエットは体調を考えて絶対に無理をしないこと。神経質になりすぎたり焦って痩せる必要はないんですから。無理な食事制限や無理な運動は禁物ですよ。

私が体型を取り戻した産後ダイエット方法!

産後から半年以内のダイエットにも半年以降のダイエットにも体調が整って授乳を終えてからの本格的なダイエットにもオススメなのが「酵素ドリンクダイエット」です。

基本的な酵素ドリンクダイエットの方法は「置き換えダイエット」です。

・朝ごはん 普通の食事
・昼ごはん 普通の食事
・夜ごはん 酵素ドリンク
このように置き換えてカロリーをコントロールすることで痩せることができます。

産後ダイエットに失敗してしまうママの多くは「間食」や「お菓子」に原因があります。育児のストレスを食べることで発散してしまうからです。痩せない原因が間食やお菓子にあるなと思うのであればその間食やお菓子を酵素ドリンクに置き換えるだけでも痩せることができます。

「ドリンクは満足できないよ!」という方であればアレンジしても良いんです。私のオススメは「ベルタ酵素」という酵素ドリンクなのですが原液のままで飲むとスッキリとしたピーチ味で原液をアレンジして飲むこともできるんです。

たとえば、無糖・低脂肪のヨーグルトにベルタ酵素の原液を混ぜて食べても美味しいですし無糖・低脂肪のヨーグルトの酸味が苦手な方も美味しく食べることができます。炭酸水で割って飲めば満腹感がかなりアップします。無糖紅茶に入れて飲めばピーチティーになりますから育児のちょっとした合間にティータイムを楽しむのもアリです。

ストレスを食べることで発散するのって女性特有なことでもありますよね。産後ダイエットはとにかく無理をしないこと。私は酵素ドリンクを使ったダイエットで妊娠前の体型を取り戻すことができました。「妊娠する前よりキレイになったよ」と照れながら旦那さんに言われたことが一番の喜びです。

産後にダイエットを始めるとき、気になるのは母乳への安心感なのではないでしょうか。

ダイエットしたいけど授乳中だから…と赤ちゃんに影響がないかが不安になりますよね。

間違った食事制限をすると母乳に影響が出てしまうものです。

じゃあ運動する時間が十分にあるかというと、そうなもないですし。

産後は、ダイエットをしなくても授乳しているだけで痩せたという方も多くいらっしゃいます。

逆に出産もしたし授乳もしてるのに痩せない、さらに太ったという方もいらっしゃいます。

違いは「基礎代謝量」にあります。

カロリーを燃焼できる力の違いなんです。

基礎代謝量というのは、運動など何もしなくても消費することのできるエネルギー量のことを言います。

基礎代謝量が高ければ高いほど消費できるカロリーの量が増えるわけです。

産後のカラダは、体質の変化によって痩せにくいカラダになってしまうことがあります。

妊娠・出産を経験したことで体質が変わり、痩せにくい体質になってしまっている場合には
痩せやすいカラダ・エネルギーを消費しやすいカラダへと体質を改善する必要があるんです。

痩せやすいカラダと痩せにくいカラダでは、同じダイエットを行なっても効果は大きく変わります。

産後ダイエットは
・無理な食事制限をしないこと
・運動を行なう場合は軽めの運動にすること
・母乳への影響がないこと(授乳中)
・ママのカラダの健康を考えること
これがとても大切なので、安心して行なえる健康的なダイエットをしなければなりません。

産後ダイエットのコツ

妊娠している間って、運動することはもちろんなのですが普段の生活での行動や動きまでをも制限されてしまいますよね。

普段の生活の中で行なう程度の、走る・飛び跳ねるなどの動作も全く行なわなくなってしまいます。カラダをねじるなんてこともしなくなるんですよね。それは、お腹が大きくなるからです。

ひとつひとつの動作や行動をゆっくり行なうようになります。

このようなことから、妊娠中は筋肉の量が減ってしまい、逆に体脂肪の量は増えます。

筋肉の量が減り、体脂肪の量が増えることで基礎代謝量が減ってしまいます。基礎代謝量が減るということは、燃焼できるエネルギーや体脂肪の量が減ってしまうということです。産後のカラダは、エネルギーやカロリーや体脂肪を消費しにくいカラダになってしまっていますからまずは、基礎代謝量を増やすことが必要です。

元の体型に戻りたい!と焦る気持ちはとてもよくわかります。

ですが、ママが体調を崩してしまっては意味がありません。

母乳に影響が出てしまわないように、赤ちゃんに安全な栄養をしっかりと与えてあげることができるように栄養バランスの整った食事をし、衰えた筋肉量や基礎代謝量をアップさせるようにしましょう。

酵素ドリンクを使った置き換えダイエットをオススメしたいのですが産後でも安心して行なえるダイエット方法ですし食生活の改善や基礎代謝量のアップにも効果的なんです。

朝ごはんと昼ごはんは普段の食事をし、夜ごはんは酵素ドリンクという感じにするだけでカロリーをコントロールします。

普段の食事も栄養バランスよく規則正しい食生活を心がけましょう。

そして、酵素には代謝をアップさせることのできる代謝酵素という働きがあります。

産後の痩せにくくなって基礎代謝の低下したカラダを燃焼しやすいカラダに変えることができます。

育児をいながら運動するのは大変ですし、産後のデリケートなカラダですから無理な運動はできませんが軽い筋トレで衰えた筋肉を鍛えれば、代謝酵素の効果と合わせてさらに基礎代謝をアップさせることもできますし、体脂肪の燃焼も高まります。

1日に腹筋運動10回だけでも良いんです。

大切なのは毎日続けることです。

産後ダイエット 骨盤

産後ダイエットは「骨盤」にもポイントがあります。

産後の骨盤は開いた状態なんです。

骨盤を正しい状態に戻すことができなければ、ポッコリお腹や大きなお尻の原因にもなってしまうんです。

産後の開いてしまったり歪んでしまった骨盤を戻すことも産後ダイエットには必要です。

骨盤の歪みを治すことでポッコリお腹が改善されたり体重が減ったという方は
妊娠を経験していない女性にも多くあることです。

骨盤の歪みがダイエットにとても影響しているということがわかりますよね。

妊娠中は、運動や動作がゆっくりになってしまったりカラダの動きが制限されることで
筋肉が衰えてしまいます。

腹筋や背筋が衰えることで骨盤が歪んでしまうんです。

コルセットやサポーターなどでサポートしてあげることもできますし
衰えてしまった腹筋や背筋を鍛えることや
骨盤の歪みや開きを治すための運動やストレッチを行なう方法もあります。

産後はカラダもとてもデリケートですし、無理な運動を行なうことはあまり良くありません。

無理な運動は骨盤にも負担をかけてしまいます。

無理をしない程度に骨盤を正しい状態に治すようにしましょう。

産後ダイエット 運動

産後ダイエットを始めようと、運動を考えている方もいらっしゃるでしょうけれども
授乳中の運動はとくに気をつけなければなりません。

授乳中の激しい運動はNGなんです。

産後のカラダはとってもデリケートですよね。

そして、さらに授乳中はもっともっとデリケートな時期です。

運動が得意な方にとっては簡単な運動でも
カラダに負担の大きい運動を続けていると、母乳が出なくなってしまうこともあります。

母乳が出なくなってしまっては赤ちゃんが十分に栄養を摂ることができなくなってしまいます。

【授乳中は消費カロリーが増えるんです!】

授乳中は、500kcalから600kcalほど消費カロリーが減ります。

自分の基礎代謝+600kcalを消費しているわけですから
授乳をしているだけでも消費カロリーを増やすことができているんです。

授乳をしているだけで痩せた!というママさんも多いのですが
もともとの基礎代謝が高いことに加えて授乳中に増えた消費カロリーのおかげだと思います。

ですから、わざわざキツイ運動をする必要はないんです。

一番に自分のカラダと母乳のことを考えてダイエットしましょう。

産後ダイエット 食事

産後ダイエット中の食事についてご紹介したいと思います。まず、とっても大切なことが「1日3食しっかり食べること!」です。これは、どんなダイエット中でも大切なことなのですが産後や授乳中のダイエットにはとくに大切なことだと言えます。

授乳中は母乳のためにたくさん食べなければならないというイメージがあったりしますがたくさん食べるとしても栄養バランスが良くなくては意味がありませんよね。

でも、産後ダイエットをするのであれば母乳のためであっても暴食や過食にならないように注意しなくてはなりません。食べ過ぎもよくありませんが、偏食や間食のしすぎも良くありません。食生活に乱れのある方は、まずは食生活を正すことです。

間食をしてはいけない、お菓子を食べてはいけないということではありませんが何をどれくらい食べるのかなど考えて食べた方が良いです。

もしもお菓子や間食をやめることができないのであればチョコレートやスナック菓子などではなく健康食品やダイエット食品に変えてみるのはいかがでしょうか。質のよい間食をすることができますよね。オススメなのは酵素ドリンクです。酵素の働きで代謝をアップさせることができますのでカロリーの消費や体脂肪の燃焼にも効果的なんです。

産後ダイエット 食事

産後ダイエットを成功させる食事をご紹介したいと思います。

産後半年くらいは脂肪が燃焼されやすいといいます。燃焼しやすい脂肪だからなんです。

しかし、産後半年以上が経過していますとその脂肪も燃焼しにくい脂肪に変わってしまいますので脂肪しやすい産後半年の間に燃焼させてしまえば良いんです。産後ダイエットで大切なこと、重要なことはやはり「食事」です。

ママの産後のデリケートなカラダをサポートしながらそして母乳に影響を与えないように健康的なダイエットをしなければならないからです。

ママが栄養不足なのでは母乳を飲んで栄養を得ている赤ちゃんにだって良くありません。

産後ダイエットを成功させる食事には3つのポイントがあります。

【産後ダイエットの食事のポイント その①】

◆「母乳に必要な栄養はしっかりと摂ること!」

炭水化物やタンパク質は母乳にとっても大切な栄養分です。食事制限をする場合でも、「炭水化物は食べない」というのは良くありません。通常のダイエットでは炭水化物を制限することもありますが産後ダイエットでは母乳のことを考えるようにしましょう。

【産後ダイエットの食事のポイント その②】

◆「脂質を減らすこと!」

お肉よりもお魚を食べるようにしましょう。体脂肪に変わりにくい油を摂ることが大切なんです。オリーブオイルやココナッツオイルなどの植物油がオススメです。

【産後ダイエットの食事のポイント その③】

◆「摂取カロリーに気をつけて!」

1日に必要な摂取カロリーは、年齢や体型や消費カロリーによって違いますが産後、とくに授乳中の女性は、消費カロリーが600kcalほど増えると言われています。授乳を行なうことで消費カロリーが増えるということなのです。だからと言ってカロリーを全く気にせずに食べて良いということにはなりませんよね。

規則正しい食生活を送り、母乳に必要な栄養素をしっかりと摂ることを条件として摂取カロリーを上手くコントロールしなければならないのです。

摂取カロリーが高いことで産後ダイエットを成功させられずにいるのであれば酵素ドリンクに置き換える食事を試してみてください。

1日3食のうちの1食を酵素ドリンクに置き換えるだけでカロリーを抑えることができます。

酵素ドリンクには代謝酵素が含まれているのですが代謝酵素を補うことで脂肪を燃焼しやすいカラダ作りにも役立てることができるので妊娠と出産を経験して痩せにくくなってしまったカラダにもとても効果的です。

授乳中は今後の本格的なダイエットのための準備期間!

授乳中は激しい運動が禁止されていますし、母乳のために食事制限をするわけにもいきません。

赤ちゃんにしっかりと栄養を与えてあげるためにママもしっかりと食べ、そして栄養バランスよく食事をしなければなりません。だから、思うようにダイエットができないという方も多いのではないでしょうか。

もっと運動できたら、もっと食事制限できたら痩せれるのに!って思ってしまいますよね。

妊娠中に崩れてしまった体型を今すぐにでも元に戻したいという気持ちはとってもよくわかりますし焦ってしまう気持ちも痛いほどわかります。

授乳中は、授乳が終わった後の本格的なダイエットのための準備期間だと考えてみませんか?

授乳中にダイエットするのは良くないからと言って何もせずにダラダラと過ごしているよりも授乳を終えた後に効率良いダイエットができるように備えておく方がずっと良いですよね。

授乳中は運動があまりできませんから、普段のダイエットと比べると脂肪の燃焼が低下してしまうこともあります。脂肪を燃焼するということよりも、まずは基礎代謝をアップすることに挑戦してみましょう。

妊娠中は運動ができず筋肉が衰えてしまうことで基礎代謝が低下してしまいます。

そのままでは基礎代謝は低下したままですし、脂肪を燃焼する力も低下したままになってしまいます。

授乳中は軽めの筋トレ程度にし、衰えた筋肉を元に戻しながら基礎代謝をアップさせ食事に酵素を取り入れることで代謝をアップさせてみましょう。

運動で消費カロリーを増やせない分、食事で補うということです。

酵素ドリンクを置き換えるのもOKです。

1日3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換えることで摂取カロリーを抑えることができます。

食事はそのままでお菓子や間食の変わりに酵素ドリンクを飲んでもOKです。

酵素ドリンクには、代謝酵素という酵素が含まれておりその代謝酵素の作用によって脂肪が燃焼する力を促進することができます。

授乳中の産後ダイエットで痩せない理由

授乳中の産後ダイエットで痩せない理由は何だと思いますか?

「授乳中なのに痩せない!」と悩んでいるママさんが実はとっても多いんです。

母乳を与えることで基礎代謝にプラス600kcalくらいの消費量が増えるとされているのにも関わらず
なぜ痩せることができないのでしょう。

その理由をご紹介したいと思います。

ホルモンの影響

授乳中に痩せることができない理由としてプロゲステロンというホルモンの影響が考えられます。妊娠している間、プロゲステロンの分泌が増えます。赤ちゃんを育てるためのカラダ作りに必要なホルモンなんです。このホルモンはカラダに脂肪をつけやすいホルモンなのですが産後は正常の分泌量に戻るはずなんです。

しかし、何らかの理由から正常の分泌量に戻らず分泌が多いままになっている可能性が考えられるのです。

産後、数ヶ月ほどで正常の分泌量に戻るとされていますがその数ヶ月を待っているのもツライものですよね。早く痩せたいと焦ってしまう気持ち、よくわかります。

何となく…食べていませんか?

母乳のために食生活を正しくしているママさんは多いはず!

しかし、お菓子などの間食はどうでしょうか?

育児のために1日中お家の中で過ごす方も多いでしょうし家事や育児をしながらも、ちょっとした暇な時間ってありますよね。

その時間を埋めるように間食してしまう方も多くいらっしゃいますし育児のストレスでついついお菓子に手が伸びてしまうこともあります。

そのお菓子や間食が摂取カロリーをうんと上げてしまっていることが授乳中の産後ダイエットなのに痩せない理由になっていることも多くあります。

せっかく食生活を正しているのにお菓子や間食のせいで摂取カロリーが増えてしまっては痩せるわけありませんしもっと太ってしまう可能性だってあります。その間食、酵素ドリンクに変えてみませんか?

酵素は産後のママさんのカラダにもとっても良い成分が含まれていますし美味しくカロリーを抑えることができます。もちろん母乳や赤ちゃんへの影響はありません。酵素には代謝酵素というものがあります。

代謝酵素を酵素ドリンクで補うことによって代謝をアップさせることができるので体脂肪を燃焼する効果が高まるんです。間食に酵素ドリンクを飲みながら脂肪燃焼をアップできるなんて嬉しいですよね。

まとめ

産後ダイエットが成功しやすい期間は、産後半年間です。

早く元の体型の戻りたい気持ちはよくわかりますが、焦らずにゆっくりとダイエットすることがポイントです。

産後のデリケートなカラダを気遣いながら無理のないダイエットをしましょう。

先輩ママさんたちが「これだけは必ずやって!」と推奨しているのが「骨盤矯正」です。
開いてしまった骨盤をしっかりと整えることが必要なんです。
骨盤矯正を行わなかったママさんたちからは「後悔している」「もっと早くからやってれば自然と痩せれたはず」という意見が多かったですよ。

産後ダイエットの失敗例もご紹介しておきます。
・骨盤矯正をせずに、骨盤が開いたまま放置してしまったこと。
・断水化物抜きダイエット
・断食
・運動のし過ぎ
・間違った食事制限

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする