【産婦人科選び方】私の失敗。もっと調べればよかった

結婚して1年後、生理が1週間遅れていると思って、妊娠検査薬を試したら陽性でした。それで産婦人科に行こうと思い、近所の総合病院に電話したら、初診は平日の午前中のみとのことでした。平日は仕事をしていたので、仕方なく、土曜も開いている小さな産婦人科に行きました。「おめでとうございます!妊娠5週目です。2週間後にまた来てください」と言われ、また行きました。

すると、胎児の心拍がまだ確認できないので、総合病院に行ってくださいと言われました。紹介状があっても、総合病院は平日しか見てもらえないので、仕方なく、嘘の理由で仕事を休み、総合病院に行きました。私は男性の上司と2人のみの小さな部署の配属で、妊娠のため産婦人科に行きたいと上司には言いづらかったです。

総合病院でも心拍の確認ができず、もう2週間後にも行きましたが、結果的には流産になってしまいました。

その半年後、また妊娠しましたが、妊娠検査薬で陽性でもすぐには行かず、2週間ぐらいたってから行きました。母子手帳発行までは妊婦検診の補助券がないから自費で8000円ぐらいかかるし、産婦人科はすごく待つので、頻繁に行くのも大変だと思ったので。それから、出産ができて、土日も開いている大きな産婦人科に行きました。今回は無事に心拍の確認ができて、涙がこぼれました。

産婦人科について、事前にもっと情報収集しておけばよかったと思いました

産婦人科について、事前にもっと情報収集しておけばよかったと思いました。出産できない産婦人科の場合、臨月間近になると、出産できる病院に紹介状を持って、通院することになります。里帰り出産の場合も同じです。最終的に私が行った産婦人科は家から少し遠かったですが、土日も開いているので、いつでも診てもらえる安心感はありました。

総合病院も初診だけ平日の午前中で、あとは土曜も外来がありましたが。あと、実家から近かったので、入院中は母が毎日顔を出してくれたのもよかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする