借金を見て見ぬふりしてはダメ。借金と向き合う事が大切

某デパートのクレジットカードで、気が付けばショッピングとキャッシング合わせて100万を超える借金を背負っていました。給湯器が壊れたり、突然犬が大きな病気をして手術したり、自転車が故障したり、長男の高校入学のお金が思った以上にかかったり…生活するのでいっぱいいっぱいで、貯金に回すお金がなかったため、緊急でまとまったお金が必要になった時、借金をするしかありませんでした。

リボ払いに設定して毎月最低金額のみの返済でもギリギリになり、ついに生活ができなくなりました。カードは一時的に使用できなくなり、毎日のようにカード会社から電話がかかってきて精神的にも追い詰められました。

消費者金融でさらに借金することも考えましたが、ダメ元で金利の安い銀行のカードローンへ申し込んでみたところ予想に反して審査に通り、クレジットカードの借金はまとめて返済しました。カードが使用できない状態にあっても遅れ遅れで支払っていても、審査に影響しない場合もあるようで申し込んでみて本当に良かったです。

その後は毎月最低金額の返済を行いつつ給与の残りを貯金に回し、5万円以上貯まったら3万円を返済に充てるようにしていました。そうすることで緊急でお金が必要になった際にまた借金を増やす悪循環をなくし、少しずつでもちゃんと借金の金額が減っていくのが実感でき、頑張ることができています。

最低金額のみ返済していても金利ばかりかかり借金が減っていかないのでそれ以上に振り込むことが大切ですね。本当は毎月最低返済金額の何倍も返せることが理想ですが、私のように2ヶ月に一度3万円のペースでも確実に減っていきます。

現在の形になる前は借金の金額や金利などは直視できず見て見ぬふりをして逃げていましたが、やはりどのように返していくか計画を立てることが重要だと今は思います。やっと半分ほどに減ったので残りも頑張って完全に返済し、貯蓄ができるようにしていきたいと思います。

借金の参考記事

もともとサイクリングを趣味でやっているのですが、ロードバイクの乗っている方であればお分かりのように、ロードバイクはハイスペックなものになると何十万円という額は当たり前になってきます。当時、私は趣味に夢中になっていたこともあり、50万円相当す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする