離乳食を食べない赤ちゃん、小児科の先生に言われた言葉は…

長女の離乳食のときにすごく苦労しました。うちは、私たちがごはんを食べるときに必ずハイローチェアに座らせて話しかけながら食べていました。見はするけど動きたくてたまらないそんな子でした。よだれが出始めると離乳食開始の合図だとよく言われますがなかなかよだれもでなくてまだ早いのかな…と始めないでずっと待っていました。

しかし、周りがもう始めてるよって言い出してまだやってないの?と言われてしまい、子供のペースはおろか慌てて離乳食を始めてしまいました。細かく細かくすり潰して食べさせようにも全く食べなかったです。私の周りには離乳食順調だよという言葉しか聞こえずなんでうちの子は食べないんだろうとずっと悩んでいました。おかゆすら食べれないので食品も増えずどうしたらいいんだろうと思っていました。

でも、母乳は本当に大好きでごはんより母乳ちょうだいとずっと泣いていました。今思えば今までずっと母乳を飲んでいたのにいきなり母乳じゃないものが口に入ってくるので嫌なのは当たり前だと思います。

離乳食なんてごはんを食べるための練習!無理して食べなくても大丈夫

小児科に相談したら離乳食なんてごはんを食べるための練習!無理して食べなくても大丈夫だよと言われました。そしたら、すごく楽になりました。体重は低すぎでもなくて母乳から栄養がいっているのでまだ母乳でいいかなと楽に考えれるようになりました。そしたら、一気に食べれるようになりました。

私があんなに必死になっても食べなかったのに一口でも少しずつ食べれるようになったのです。確かに、周りの子よりも離乳食のペースは遅いし、食べる量はすごく少なかったと思います。でも、少しずつ食べよう食べようとする娘が可愛くて仕方なかったです。1歳に卒乳をしてからまたとても食べれるようになりました。今は3歳になりますが野菜も肉もなんでも食べます。

アドバイスは離乳食は食べる練習です。無理強いしてしまうと食べなくなってしまいます。その子に合わせたペースで進めてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする