乳腺炎※ガチガチに固まってしまいました

私は完全母乳で第一子を育てました。母乳は栄養、免疫、情緒などあらゆる点で子供によいのがわかっていましたし、母親の体の回復にもつながる上カロリー消費にもなるため、完全母乳が実現できたのはとてもよかったと思っています。それにミルク代がかからずとても経済的でした。ですが、一筋縄ではいかない授乳生活でした。

まず最初に母乳が出るようになるまでが大変でした。産後すぐはなかなか出ず、入院中は母子同室だったため、一時間おきにトライしていました。子供産まれるまで知らなかったのですが、赤ちゃんというのは勝手に上手に飲んでくれるわけではないのです。

匂いがするので飲みたそうにはするのですが、我が子はおちょぼ口でなかなか乳首をくわえられず、飲んでいるつもりで飲めていないという状況でした。そんな状況ではお腹もたまらないのですぐに起きてしまい、産後一週間ほどは本当に眠れませんでした。子供とともに力尽きて眠り、子供が泣いて起きて授乳し、授乳しながら寝てしまうことが多くてそのまままた寝るという感じでした。そんな感じなのでほとんど毎日半裸でした。

退院後しばらくするとかなり上手に飲めるようになり、授乳間隔も二時間や三時間あくようになりました。その後悩まされたのが乳腺炎です。私は左の乳房の出が偏っているみたいで、少し疲れがたまったり、子供がうまく飲めなかったりするとすぐに詰まり、ガチガチに固くなってしまいました。

初めてそうなったのは7ヶ月の頃で、断乳まで三ヶ月に一回くらいなっていました。発熱まではしたことがないですが、かなり詰まってしまったときは産院の母乳外来にお世話になったりもしました。桶谷も行ったのですが、先生が厳しくて精神的に辛くなってしまったので一度きりしか行ってません。詰まってしまったときの痛みはかなりのもので、それを絞り出すときの痛みも相当でした。食事にも気を付けねばならず、かなりのストレスでした。

食事というより、飲ませ方や疲れによりトラブルは起きると感じました。とはいえ休めないのがふつうなので、飲ませ方を工夫する必要があると感じました。いつもついつい同じ向きであげてしまうので、ときには別のスタイルであげるようにしたり、自分であげる前とあげた後によくストレッチをしておくのもよいと感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする