妊娠中に姑にイライラ、怒りを旦那にぶつけたら夫婦間までも…

妊娠した時に最初はつわりで5ヶ月ぐらいまで辛い日々が続いていました。そのため、姑が食事に招待してくれてもつわりが酷く、ろくに食べることが出来ませんでした。しかし、姑からすればせっかく食事に招待したのにろくに食べないとはどういう事だと嫌味を言われてしまいました。

その後もつわりが長引き、同じことが何度かあり姑の怒りを買ってしまいました。妊娠6ヶ月を過ぎてやっとつわりが終わったと思ったら今度は、子供が逆子になり元に戻らずそれを知った姑から、逆子になったの私のせいだと責められるようになりました。そして姑から、逆子を治してくれる鍼灸院があるから行くように言われて行きましたが、逆子は治りませんでした。

病院でも逆子を治すための体操などを教えてもらいましたが、そのまま逆子のままの状態が続き9ヶ月には医師から逆子が治らないので帝王切開になることを告げられました。すると、姑が帝王切開で産むなんて我が家では初めてだとまたもや嫌味を言われましたが、その場では言い返せませんでした。

今までの姑への怒りが全て主人に向かい、その日に主人に姑に対する怒りを全てぶつけました。自分の親への不満を言われ、主人は怒ってしまい夫婦間でもなんだかギクシャクしてしまいました。結局スッキリしない感情のまま帝王切開で出産しました。

姑とトラブルがある人は我慢せずに伝えるべき

妊娠中自分自身が不安で、姑から何か言われるたびにその言葉がストレスになっていました。今思えば、その場できちんと自分の考えを姑に伝えるべきだったと思います。妊娠中の過ごし方の考え方は、時代と共に変化しているので姑の時代とは違うことを伝えるべきだったと思います。

当時は姑に言い返すと、また逆に何か言われると思っていましたがそれでは何も解決しませんでした。妊娠中は、それでなくても精神的に不安定なので姑であろうとも言いたいことは言うべきだった思っています。

今、同じように妊娠中で姑とトラブルがある人は我慢せずに伝えるべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする