子供が【熱性けいれん】救急車を呼んだら・・・

息子が1歳の時です。二人でお風呂に入った後、お風呂から上がって夕食の準備をしていると息子がふるえだしました。

おかしいと思って熱を測ると38.5度でした。熱さましの坐薬を使おうかと考えていましたが、どんどん体調が悪化していきます。不規則勤務で眠っていた夫を起こし、事情を話しました。かかりつけの総合病院へ行こうと病院へ電話して、タクシーを呼ぼうと夫は外へ出ました。すると息子は意識を失ったのです。怖かったです。

息子が死んでしまうのではないかと思い、息子を抱いて夫のところへ行き救急車を呼んで!と叫びました。私は部屋に戻って、息子の名を呼びながら、きっと入院になるだろうからと息子の着替えやオムツを準備しながら救急車が来るのを待ちました。救急車の到着まで5分ほど。とても長い5分間でした。

救急隊の方が部屋に入ってきて息子は驚いたように泣き出しました。息子はストレッチャーに寝かされるのを嫌がったので、私は息子を抱っこしたまま、救急車に乗車。夫も同乗するように言われ夫も一緒に乗りました。

行きつけの総合病院は小児科医が不在で断られたので別の小児科の総合病院に運ばれました。病院に到着するなり看護婦さんが慌てたように息子を抱き上げ連れて行きました。いつもの小児科なら診察に立ち会っているのですが、ここではそばにいることも許されないのでとても切ない思いをしました。

処置が終わって医師から「熱性けいれんです。熱性けいれんで救急車を呼ばないでください」と怒られました。

意識がない子供を見て、救急車を呼ばない親の方が非難されるべきではないのかと悲しくなりました。息子は点滴を受けながら私の手を握り、やっと安心したのか眠ってしまいました。点滴が終わったことを医師に告げると帰宅をするように言われました。

もし、また何かあったらと思うと帰宅するのも不安でしたが、医師に逆らう訳も行かず、帰宅することになりました。
翌朝、けいれん止めの坐薬を入れました。その後はけいれんを起こすこともなく、元気に過ごしています。熱性けいれんは理解しているつもりでも実際に我が子に起こるととても怖く感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする