子供の方から突然【卒乳】私の方が少し寂しくなりました

2才半になっても、卒乳してくれなくて悩んでいました。先輩ママや回りのお友だちママから断乳の苦労話はいろいろ聞いていたので、もともと断乳はするつもりはなく、今だけしかできないことなので、子どもの方から卒乳するのを待とうと思っていて、気づいたら2才半になっていました。
周りの同い年の子達は、みんな断乳や卒乳をしていたので、少し焦っていました。授乳回数はお昼寝前と就寝前の1日2回くらいに減ってはいました。トントンして寝かせようとすると、泣き叫び、もう少しだけもう少しだけと思いながら、授乳していました。

子供の方から突然【卒乳】私の方が…

ある夏の日、外遊びから帰ってきて、そろそろお昼寝の時間かなあと思い、いつもと同じように授乳して昼寝させようと思い、いつものように抱っこして授乳体勢に入ったら、「まずい、もういらない。」と子ども方からはっきりと言ってきました。びっくりして「いいんだよ、まだ飲んでても。」と言うと、「まずいから、もういらないよ。」とまたまたびっくり発言。そしてそのまま、1人で夢の世界へ。

急に手が離れてしまったという思いと、授乳しているかわいい顔がもう見れなくなるんだあと思ったら、少し寂しくなりました。あんなに早く卒乳して欲しいなんて、思っていたのにいざとなると、本当に寂しいものでした。なんの余韻に浸ることもなく、授乳生活はあっけなく終了してしまいました。

子どもの月齢があがってからの卒乳だったので、私も胸が張ったり、自分で絞ったりとか、何のトラブルもありませんでした。あまり、出ていなかったのかもしれません。幼稚園の年少になった時、クラスのママたちで飲み会をしました。下の子もいないのに、まだ授乳中だから、お酒は飲めないというママが20人中2人いました。なので、今断乳や卒乳で悩んでいるママ、何かやめなくてはいけない特別な理由がない限りは、子どもが気の済むまで、授乳していていいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする