【苺状血管腫】小さい赤ちゃんのうちにレーザー治療を決意

子供が無事に生まれて、とても綺麗な顔の赤ちゃんでした。しかし、退院して家に帰って一週間ほどするとだんだんと赤ちゃんに変化が出てきたのです。それはおでこに赤い点が出来ているのです。どこかにぶつけてしまったかなっと。ですが周囲になんのアザもないので変だけど一ヶ月検診の時に聞いてみようととりあえず一ヶ月待ちました。

しかし、その赤い点はだんだんと大きくなっていき目立ってきたのです。そして、検診の時に聞くと血管腫でして。苺状血管腫は生まれて数日後にいきなり表れるもので、段々と大きく盛り上がり、ピークを過ぎるとまた小さくなっていくというものでした。最初は頭だから、そのまま小さくなるものを待とうと決めていたのですが、6ヶ月ほどするとあまりに出てる赤い盛り上がりが気になりだし、レーザーを受ける決意をしたのです。

大学病院で行うのですが、テープ麻酔をして2時間ほど待ちます。そしてレーザー室に入り、数分で出てくるのですが、病室からは大泣きの声しか聞こえないので状況も分からず心配で仕方ありませんでした。そして、終わると今度は氷水で冷やします。レーザーは焼けどと一緒なのできちんと冷やしておかないと後で傷が残ったり、痛みが出てくるので冷やすのです。この治療は3ヶ月に一回のペースで行うのですが、早くて生後三ヶ月から受ける事ができるのです。そして、早くから受ける事により、レーザー効果を得る事が出来るので、大きくなって受けるより良いという事でした。

小さい赤ちゃんのうちに治療を行って良かったと思っています

小さい赤ちゃんにレーザーを当てるのは心配もありますが、レーザー効果で2歳になる頃にはほとんど目立たなくなったので早めに治療を行ってよかったと思います。そして、その後の経過観察も大切なので、レーザー治療が終わってもきちんと病院で経過をみてもらうようにしなくてはいけません。その時は消えていても、数年経つとまた出てくる人などもいるので、定期的な検診は必要になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする