【子供の貯金おすすめ】学資保険はどこがいい?選び方と比較

学資保険とは

学資保険は、子供の教育費の貯蓄を目的としている保険サービス、保険商品になります。年齢の時期がある程度決まっています。例えば中学に上がるとき、或いは高校に入るとき、大学入学時などです。このときに保険が満期となり、一定の金額を得ることができる保険なわけです。

学資保険にはいつでも入れるわけではないです。加入時の子供の年齢に制限があり、大抵は小学校に上がる前くらいまでになっています。ですから、それなりに長い期間加入することになるわけですし、しっかりと検討するようにしましょう。子供が産まれたと思ったら、すぐに学資保険について考えておかないと間に合わなくなります。

さて、保険金ですが、学資に使うことになるでしょうが別にそうしないといけないわけではありませんから、その点は勘違いしないことです。大きなポイントとしては契約期間中に契約者、つまりは大抵の場合は親が死亡したとき、高度の障害状態になったときには以降の保険料が免除されます。つまり、そうした状態になったら満期保険金が支払われることになります。

これが保険料払込免除特約と呼ばれるものになります。子供が生まれてまず考えることは学資でしょう。自分が特に問題なく働き続けることができるのであれば気にならないかもしれませんが、上手くお金を貯められるかはわかりませんし、不慮の事故でそのまま、ということもあるでしょう。そんなときに子供が学費に困ることがないように、という設計思想の保険になります。

車の保険、自賠責のように子供がいれば必須、という保険ではなく、あくまで任意保険ではありますが子供の将来のこと、学校の費用のために加入しておくこと、契約しておくことはまずお勧めできる保険であるといえるでしょう。
どの時期に受け取ることができるようにするのかから考えるのもよいでしょうし、そもそも家計にそこまで負担がないように保険料から考えるのもよいでしょう。
多くのところが提供している保険サービスですから、自分の教育計画に相応しい内容のものを選ぶようにしましょう。

学資保険 おすすめする方

学資保険がお勧めできる人は基本的に学資を別途、自分で積み立てることができない人です。要するに子供ができたけど、お金があれば使ってしまう、というような人には相当お勧めできます。貯蓄の強制があるからこそ、学資保険は人気があるのです。貯蓄性こそが学資保険の一つの特徴なのです。
それと保険契約者、つまりは親がなくなったときに少なからず子供に学資を残すことができる、というのも大きいです。いざという時の、まさに保険、となるわけです。

学資保険 おすすめできない方

逆にお勧めできない人、というよりはあまり意味がないといえるタイプの人もいます。

例えばキチンと計画的に貯金ができる人です。学資保険は所謂、掛け金以上に得をする可能性がある保険というわけではありませんから同じ額を自力で貯めることができる計画性があればそちらのほうが金額的に高くなります。もちろん、親が亡くなったときなどの学資云々、といったメリットは前述の通りあるわけですがそれも生命保険で十分なこともありますから、実はそこまで学資保険にメリットを見出せない人もいますからどうするべきなのかは自分の状況をよく自覚して契約をするようにしましょう。途中解約をすることも可能ではありますが一度契約したら、まずは満期まで、というのが普通であり、それが最もよいことになります。

学資保険は基本的にはお勧めできるのですが人によってそうでもないことがあるというのはよく理解しておいて、契約内容を把握して自分に相応しいと思ったら契約をするようにしましょう。

学資保険加入者の口コミ

学資保険の加入は早めがいい。遅くなるほど月々の保険料が高くなる

学資保険に入ろうと思ったきっかけは、子供が生まれてすぐに知り合いの生命保険会社で働いていた人から紹介されたのがきっかけでした。1人目の子供でしたし自分達ができるだけのことは子供の将来に残しておいた方がいいし、私達夫婦は上手に貯蓄もできるような性格でもなかったのでこれなら、お金も貯められるなと思いました。子供の年齢が早いうちに入った方が遅くなればなるほど月々の保険料が、高くなるから早めに入っていた方がいいよと言われました。

この学資保険を選んだ理由は知り合いの生命保険会社ということで、何かあったときでも親身になってしてくれるだろうなと思いました。子供が18歳になったときに満期のお金分もらえるのではなく、幼稚園の入学時、小中高校の入学時とお金を引き出せるといことが1番理由でした。実際に子供の小学校の入学時にお金が必要だったので引き出しました。

普通の積み立て保険は途中で貯まっている分を引き出すと毎月払わない保険料が高くなりますが、この学資保険はそういったことはなく貯まっている分を引き出しても保険料は変わりません。子供が入院して5日目からしか入院費用がでないのですが、退院後の通院費が支払われます。子供が実際に入院してその後通院したのでその時はお世話になりました。そのようなところは満足しています。
学資保険料は月に11000円ほど支払っています。子供が生後6カ月の時に加入しました。私的には保険料は平均的な金額だと思いますし子供の将来の事を考えるといいのかなと思います。

学資保険に入ろうか悩んでるかた達に、私達夫婦のようにお金があるとついつい使って全然お金が貯まらない貯められないということを防げるように学資保険に入ってここぞというときに子供のためにお金を使ってあげられるように、してあげられたらいいかなと思います。後々、自分夫婦に何がおこるかわかりません。貯えられるときに貯えておくことが大事にだと思います。

学資保険はお金をなかなか貯めれない方におすすめ

将来大学費用に困らないように少しだけでも今のうちから貯めておいた方が良いと嫁が言ったのですが、自分的には学資保険に加入するより自分で毎月貯めている方がいざという時にすぐに使えるし、マイナス金利の現状では元本割れする可能性があるのであまり賛成ではなかったのですが、自分より嫁の方が家計を握っていますし、毎月貯めれるかどうかわからないよりは保険料を支払っているつもりになって貯蓄できている方がいいと言われ、学資保険に加入することにしました。

嫁の親からの付き合いがある保険会社の担当者で選んだというのもあるのですが、利回りがいい学資保険を探していたら一番良かったのが付き合いのある保険会社だったので選びました。

子供が二人いるのですが、同じ保険会社の学資保険に加入していて、毎月8000円程度ずつ払い込んでいます。もっと高めに設定しても良かったのですが、保険で家計が苦しくなるよりは余裕があるくらいの方がいいとなり、8000円程度におさまりました。

学資保険はお金をなかなか貯めれないという人にはいいと思います。学資保険は生命保険料の控除の対象になりますので、年末調整で税金が少しだけですが返ってきます。約20年くらい払っていかないといけない保険料なので、毎月税金が返ってくるだけでも大きなリターンだと思います。あと、契約者貸付制度というものがあり、学資保険や年金保険など貯蓄性の高い保険には解約返戻金の一定金額内でお金を借りることができます。貸し出し利率もクレジットカードやカードローンよりかなり低いので、いざとお金が必要になった時には便利に使える制度です。しかし、契約者貸付制度を利用するのは子供の貯金に手を出しているのと同じなのですからあくまで最終手段だと思っておいた方が良いでしょう。

学資保険は入学式など途中でお金を引き出しても保険料は変わらない

学資保険に入ろうと思ったきっかけは、子供が生まれてすぐに知り合いの生命保険会社で働いていた人から紹介されたのがきっかけでした。1人目の子供でしたし自分達ができるだけのことは子供の将来に残しておいた方がいいし、私達夫婦は上手に貯蓄もできるような性格でもなかったのでこれなら、お金も貯められるなと思いました。子供の年齢が早いうちに入った方が遅くなればなるほど月々の保険料が、高くなるから早めに入っていた方がいいよと言われました。

この学資保険を選んだ理由は知り合いの生命保険会社ということで、何かあったときでも親身になってしてくれるだろうなと思いました。子供が18歳になったときに満期のお金分もらえるのではなく、幼稚園の入学時、小中高校の入学時とお金を引き出せるといことが1番理由でした。

実際に子供の小学校の入学時にお金が必要だったので引き出しました。普通の積み立て保険は途中で貯まっている分を引き出すと毎月払わない保険料が高くなりますが、この学資保険はそういったことはなく貯まっている分を引き出しても保険料は変わりません。子供が入院して5日目からしか入院費用がでないのですが、退院後の通院費が支払われます。子供が実際に入院してその後通院したのでその時はお世話になりました。そのようなところは満足しています。

学資保険料は月に11000円ほど支払っています。子供が生後6カ月の時に加入しました。私的には保険料は平均的な金額だと思いますし子供の将来の事を考えるといいのかなと思います。

学資保険に入ろうか悩んでるかた達に、私達夫婦のようにお金があるとついつい使って全然お金が貯まらない貯められないということを防げるように学資保険に入ってここぞというときに子供のためにお金を使ってあげられるように、してあげられたらいいかなと思います。後々、自分夫婦に何がおこるかわかりません。貯えられるときに貯えておくことが大事にだと思います。

児童手当を学資保険の保険料の支払いに充てるつもりで入りました

子どもになにかあったときのため、貯金をするために医療付きの学資保険に入りました。 郵便局に子どもの通帳を作りに行った際に学資保険の話を聞いて、学資保険に入ろうと思っていたので、契約しました。

小学校、中学校、高校、大学で給付金があるものを選び、医療も付けました。ですので、金額は、少し高めです。ですが、3歳まで児童手当が15000円入りますし、3歳以上は、10000円児童手当が入りますので、3歳以上は2340円の手出しがありますが、児童手当を使い学資保険を払っていこうと思いました。

医療をつけていたおかげで2歳の時に子どもが入院したとき、給付金がおりました。学資保険の内容は、見ていましたが、おまけとしてつけた医療、、給付金の少なさにびっくりしました。使う時にしかわからないですが、医療もしっかり考えて入った方がよかったと後悔しました。何箇所か見比べてしっかり考えて入るべきだと思います。

ただ、勧められて学資保険入ろうと思ってたからとそのまま契約してしまったので私は後悔していますが、学資保険自体の内容は、しっかり給付金がもらえるものになっていますので、満足しています。

給付金を半額にすることもできるそうで、半額にしたら、保険料もその分安くなるので、もう少し安い方がいいとお考えでしたら、半額にしてもいいかもしれません。小さい子どもは、すぐ怪我をしたりしますので医療保険は、つけておいた方がいいと思います。学資保険と医療保険を別々の保険会社で入るのもいいと思います。

自分が納得するまで何回もメリット、デメリットを聞いて、納得してから入らなければ、途中で解約する人も多いのが学資保険です。子どもさんのためにしっかり貯金して、無理のない保険料、保障内容の保険に出会えるといいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする