待てど暮らせと【母乳が出ない】完全ミルクのメリット・デメリット


出産後は自然と母乳があふれ出てくるものだとばかり思っていました。が、産後待てど暮らせど母乳が出ない。忙しい看護師さんをナースコールで呼び止め、粉ミルクを持ってきてもらうことのいたたまれなさ・・・。結局入院期間中は滲むほどしか母乳が出ず、授乳時間が苦痛でたまりませんでした。

先生や助産師さんから「母乳の出は人それぞれで、頑張ってれば絶対出るようになるから!」と励ましの言葉をいただきましたが、退院後は産後の疲れがどっと来て、粉ミルクの楽さに流されてしまい、最終的に産後2か月ごろには完全ミルクになっていました。
完全ミルクで育てたおかげで、余裕を持って子育てができたなと思う反面、あの時もっと頑張っていればという後悔が今でもあります。

完全ミルクで育てて今思う事

<こうすれば良かった>
産前からおっぱいマッサージができると後で知りました。産後も母乳がうまく出ない時点で母乳外来やマッサージを利用していれば対応を考えられたし、母乳かミルクかという選択もできたのにと残念に思っています。完全に私のリサーチ不足です。

<アドバイス>
まずミルクのデメリットとしてコストがかかることが挙げられます。赤ちゃんが生まれると何かと物入りだと思うので、削れる出費ならば削った方が良いかと思います。お出かけする際にミルクを持ち歩くのは意外と嵩張ります。面倒くさいです。
ミルクで育てると赤ちゃんの体重が増えやすくなってしまいます。体重の管理をしっかりしてあげてください。我が子は太りすぎと何度も小児科の先生に怒られました。
なぜかわからないけれど、母乳神話のようなものがあって、周りの人からいろいろ言われることもあります。でもそんなの気にしなくていいと思います。

反面、ミルクでよかったこともあります。それは自分以外の人が授乳をできること。特に夫にミルクをあげてもらうことで子供との接点を作れました。父性を持ってもらういいきっかけになりました。

赤ちゃんが元気にすくすく育ってくれれば、母乳かミルクかなんてどうでもいいことだと私は思っています。
が、もしもう一回産前に戻れるのならば、あの時諦めてしまった母乳育児にチャレンジしてみたいなーというのが個人的な感想です。
今から出産に臨まれる方は、諸事情あるかとは思いますが、是非後悔のないようにお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする